スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPページ内容
※ブログ名改名しました。以前のブログ名は『もっちのMeta Trader4で順張りデイトレ』です。

最新日記は、この記事の下になります!
最新日記は2009年12月20日です
 ←日記更新してても、ここの日付更新忘れてる場合あります。
このブログは僕自身が、有益だと思える情報を発信しようと思ってます。

今現在、僕が一番おススメするのは書籍は、陳 満咲杜さんの『FXトレーディングの真実』です。あとは、『先物市場のテクニカル分析』かな??先物市場のテクニカル分析は、テクニカルを勉強するには非常に為になります。

今まで、海外フォーラムなどからいろいろ手法を考えてましたが、基本をおろそかにしていたことに気づき、今は、ラインやチャートの形を重視したトレードを勉強中です。
(エリオットは補助的に相場の流れを読む程度にしてます)

トレードの心構えは、TEDさんのブログの『MY FAIRY GOD TRADER』 http://forexbigwave.blog39.fc2.com/blog-entry-143.html の物語が参考になると思います。

あと、相互リンクさせてもらっている、ゴールドピラミッドさんのブログ『1年で100倍になるFX投資術』も大変参考になる記事を書かれてますので、興味のある人は読んでみてください。
そこらにあるFX情報商材よりも為になりますよ。


※ 以前書いた手法は現在まったく検証していませんので、ご質問受けてもお答えできないと思います。
(僕が以前使っていたインジケータ置場は、Yahooブリーフケースが有料化になったので、現在ファイル置き場はありません。ご自分で海外フォーラムで探すかしてください)

※ 秘密コメントくださる場合は、フリーアドレスでもいいので、メールアドレスを記入して頂けるとありがたいです。

※ 文章に誤字、脱字が結構あります・・・・結構文章長かったりすると、あまり確認せずに、変換押したり、タイプミスしたりしてますm(_ _)m 読みにくい文章になったりしてますが許して下さいm(_ _)m


※ FX情報商材完全否定派なので、相互リンクは、FX商材アフィリを行っていない人のみにさせて頂いてます。一般書籍などのアフィリをされている方は問題ないです。

投資は自己責任です。掲載しているトレードルールで損害が出ても責任は持てません。

応援よろしく!!クリックよろしく  ヨロシク<(_ _*)X(*_ _)>ヨロシク

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へにほんブログ村 為替ブログへ
スポンサーサイト
今年も
もうあと10日ほどで終わりですね。

今年後半に、たまもやブログをサボり気味になってしまって楽しみにしている人(いるのかな?汗)大変申し訳ないです。m(_ _)m

トレード戦略を練って、トレードしていると、それだけで、精神力を使ってしまって、ブログのほうに力入れる気力がだんだんと・・・・とかなり言い訳してみたり(汗)

トレードのほうは以前から、言っている通り、僕はインジケータの類はもうほとんど使ってないです。

使っているものは、トレンドライン(チャネルライン)、サポートライン、レジストライン、チャートの形状が主です。

特に、今、重要視しているのが、サポートラインとレジストラインです。このラインと、トレンドライン(チャネルライン)が重なるところは、重要なトレードポイントだと思ってます。

リミットに関しても、サポートラインとレジストラインは一つの目安になります。

で、このサポートラインやレジストラインなんですが、僕の場合は、1時間足を見て、谷、山、が明確にわかるところで引いてます。ちょっとした、戻しや押しはほとんど無視です。そんなのサポートとかレジストと呼べるものじゃないと僕は思ってます。誰が見ても、谷、山とわかるようなところがポイントだと僕は思ってます。あくまで、僕の考え方であって、これが全てではないです。

サポートラインを抜けたら、そこはレジストラインになる ということをよく本などで読みますが、最近の僕の考えは違ってます。
そういうところで、レジストラインを描くことがあまりなくなって、サポートラインは谷、の部分に引くようにしてます。

例えば、現在の、ユーロドルでいうと、サポートラインは、金曜日の最安値(1.426あたり)、レジストは、金曜日にだ部トップになった高値付近(1.44あたり)に引いてます。

中長期下降トレンドラインは12月03日の高値、12月04日の高値、12月11日の高値、12月16日の高値が通るような感じに引いてます。

このラインがまだ機能するのであれば、ユーロドルの戻り売り戦略として、この下降トレンドラインとレジストが重なる地点で売り戦略です。

もし、そこのラインを目指すようなチャートの動きをするとすれば、明日の、欧州時間帯でしょうか??とか考えてます。

ただ、短期的には、12月15日の安値と、12月17日の安値を結んだラインと、16日と18日の高値を結んだラインがほぼ平行(チャネルになっている)なので、このラインが機能するならば、1.435付近が戻り売りの狙い目になるかと思いますが、ここなちょっとリスクあるかも??とか思ってます。

まあ、ここは明日の窓開け次第だとは思いますが。

一応日足でみると、次のサポートが1.417付近とまだ下げる余地は残っているので、このラインまで下げてもおかしくないかもと思ってます。

年末になって、ポジション解消がかなり起こると思いますので、急激な変動で大損する!!ってケースもあるかと思いますので、みなさんも慎重にトレードしてくださいね。

コメントは近々返します。コメント返しもほとんどしてませんで、ホント申し訳ないです。
あと、文章だけで図いれなかったのですが、これはご自分で引いたほうが見えてくるものがあると思って、あえて図なしの文章だけにしました。

もしこの文章だけじゃわかりづらいということであれば、図入りも検討します。


投資は自己責任です。掲載しているトレードルールで損害が出ても責任は持てません。
一か月以上も・・・・
気がつけば、一か月以上も更新してませんでした・・・・(A;´・ω・)フキフキ

まだまだ、チキンハートできちんと持っていれば、利を伸ばせたのに~ってことが多々あり、ストレスが溜まる日々を送ってます。
来年に向けて、今年中にある程度、トレードルールを固めたいと思っているのですが、いろいろと難しいですね。

前も書きましたが、今の狙いは、ダブルトップやダブルボトムです。要はレジスト、サポートを狙ってます。
特に、一旦抜けたあと、などを狙ったりしてます。
ただ、やみくもに、レジスト、サポート狙ってるわけじゃないですがね。

トレンドの流れはきちんと見ていないと、超短期的にみたら、逆張りになってしまいますしね。
今、気をつけているのは、短い足のレジスト、サポートではなく、1時間足以上でのレジスト、サポートです。
あとは、ローソクの形ですね。

ユーロドルの1時間足をみてもらえば、わかると思いますが、現在は、1.48前半に強いサポートが存在してます。
僕は、ここ狙ってました。特に、1.48前半まで行って、下ひげを形成した場合に、買いポジです。
※今週金曜日はそこでの買いは狙ってませんよ。超危険なので。

ただ、金曜日の雇用統計が凄すぎたので、今週はこの1.48前半のサポートの突き破ってきそうな気がしてます。
今まで、ユーロ買いをしていた人の損切りを巻き込んでいくんではないかと思ってます。

ドル円は、今年初めの、ダブルボトム(最安値)を割ったが強烈に戻してきているため、売り手の損切りが一斉に入っている感じだと思います。
日足でみると、明確なレジストは92円20~60銭くらいでしょうか?? そこまでは上がってくる可能性ありかな??年末ということもあって、急激な値動きがあってもおかしくないので、慎重にトレードしないといけないですね。

12-06 ドル円日足

ドル円は、一旦、サポートを確認する動きを作るかな??とか思ったりしてます。月曜は一旦下げてから上げてくるかな??
正直まったくわかりません(汗)

ユーロドルは、戻り売りのような気がしてます。雇用統計良すぎでしたからね。ポジション調整の波はまだ続くように思います。

月曜日の動きを見ないとなんとも言えないですが。


ブログ周りしてると、この雇用統計で含み損になっている人とか結構いますね。
きちんとストップ入れるようにしないと、雇用統計でサプライズ起きると、とんでもない含み損になる可能性ありますので、きちんと、ストップ入れましょう。

僕は、1000通貨単位の口座で、ドル円売りを入れてたら、あっさりやられちゃいました。
しかも、ストップ値より50pipsくらいスリップされて・・・・(泣) 
まあ、1000通貨単位の口座でよかったですよね。
雇用統計前に決算するつもりだったのに、時間忘れれて・・・というか運動していて(エアロバイク漕いでて)
時間見てなかったのが悪いんですが(笑)

まあ、そのあとのユーロドル売りで、ほぼ雇用統計での損失をチャラくらいにしたのでよかったですが。

年末は毎年のように荒れるので、みなさんも気をつけてください。
ある程度・・・・
ある程度、今のトレードのルールというか、構想はできているんですが、チキンすぎて実践がうまいこといってないです (汗)

まあ、ありきたりな手法、トレードルールなのですが、短期的に、超逆張りになるので、ビビってしまうんですよね・・・・・

簡単に言うと、チャネル下限で買い、チャネル上限で売り。特に、明確なサポート、レジストと重なるところで!!です。

明確なサポート、レジストと僕が判断しているのは、ローソク足のひげです。

最近では、ブレイク狙いは一切してないです。
みなさんも経験あると思いますが、ちょっとブレイクしても、すぐ戻されることって多いと思います。

で、後から気付くのは、あ、ダブルトップ、ダブルボトムやん!!って。

こっちのほうが、成功する確率って結構あるんですよね。

なぜ、ダブルトップや、ダブルボトムになるかは、以前書いたので、省略しますが、人間の心理はホントに面白いほど、チャートに表れてます。

チャネルはホントひいていると面白いですよ。
時間が流れるにつて、チャネルを引きなおさないといけなくなりますが、チャネルみつけると、トレードしやすくなると思います。

参考までに、今僕が引いているチャート画像載せます。

ドル円1時間足

10-26 ドル円1時間

ドル円10分足

10-26 ドル円10分

ユーロドル1時間足

10-26 ユーロドル1時間

ユーロドル10分足

10-26 ユーロドル10分

反応してるところを引いてみました。ホント参考程度に、

ドル円は、反発して、今エクステンション中かな?? チャネル上限に当たっているので、91円80銭近辺まで下がってくる可能性あり??かな。

日足をみると、92円60銭近辺(9月21日の高値)までは上がりそうですが。

ユーロドルは、一旦1.494付近(10月22日の安値)まで下げるかも??チャネル下限に反応しているのならば、再度1.505を狙ってくるかな??抜けるには、一旦下げないと抜けないかな??とイメージしてるんですがね。

まあ、参考までに。

あと、チャネルの引き方なんですが、一つの例として、簡単な図書いてみまいた。

ライン引き その1

基本、上昇ラインは、安値同士を結ぶというのがありますが、どこが次の安値かわからず引きにくい場合は、高値同士を結んでみてください。

図の赤丸同士を結んで、その平行線を、安値にあててみます。
そうすると、結構そのライン付近で反発することあります。

下降ラインの場合は、その逆で安値同士を結んでみてください。

これは、反発するかも??ということと、リミットの設定にもなります。

例えば、ドル円日足をみると、下げ止まったラインは、安値同士を結んだところです。
10-26 ドル円日足

少しはみ出てますが、ほぼ、ラインにあたって、跳ね返ってます。
なので、売りポジを持っている人は、このラインで決算した可能性があるかと思います。

一応チャネル上限も引いてますが、こっちはあまり自身ないので、当てにしないでください。

こういったラインができるのは、人の心理によってできるのものなの、その心理に自分も乗ったらいいだけだと思います。と偉そうにいってますが、全然できてませんがね(汗)

それでは、(^-^)/~ マタネッ

投資は自己責任です。掲載しているトレードルールで損害が出ても責任は持てません。
またまた日記サボってしまった ( ̄へ ̄|||)
日記楽しみにしてくれている人すいません。  ごめんなさいm(;。_。)m
約1カ月も放置してました・・・・日数みて、約1カ月も書いてなかったんだ!!と思ってしまった。

FXは一応淡々とやってます。まだまだ試行錯誤&度胸のなさ(チキンハート)で、悔しい思いを・・・

以前と同じように、チャネルと、レジスト、サポート、チャートの形状を中心に見てやっているのですが、
エントリーのタイミングは結構悪かったりしたので、ちょっといろいろ試したりしてます。

というのは、流れを読んでいるのに、押しや戻しによって、ストップにやられるってことが結構ありまして、エントリーポイントが悪ければ、ストップを広げないといけなくなるんですよね。

で、今、考えてやっているエントリーポイント、エグジットポイントなどは、もっと検証して、みなさんの参考になるかな??っていうレベルに達したらまた書こうと思ってます。

で、最近は、FXのブログ自体見てなかったのですが、秘密コメントで、朗報を頂きまいた♪

僕がかなり参考になっていたRさんのブログが復活したとのこと♪
ポンド円の解説が中心??なのですが、他の通貨でも通用するお話を書かれてます。

特に、チャーティスト目指している人は参考にされては??
Rさんのブログのアドレスは載せませんので、すみませんが、ご自分で探してください。



あと、ブログ周りしてて、知ったのですが、MJが行政処分の勧告を受けたみたいですね。
システムダウンによる、損失があったみたいです。

一部を少しだけ抜粋 『平成19年4月から同20年11月までの間に、外国為替証拠金取引に係るシステムにおいて、少なくとも74件のシステム障害を発生させており、これらのシステム障害では、顧客の取引に損失を与えたものも多数含まれている』 

とのこと・・・詳しくは、証券取引等監視委員会 http://www.fsa.go.jp/sesc/index.htm に書いてあるので、見てみてください。

ということは、システムダウンが頻繁に起こるFX会社において、そのシステムダウンによって起こった損失は取り戻せるかもしれません。

もし、ご自分のFX会社で、システムダウンが多くて、それによる損失が出た場合は、金融庁や証券取引等監視委員会に相談するべきだと思います。
ってか、システムダウンが頻繁におこるFX会社なら取引辞めているとは思いますがね(笑)


あと、もう騙される人はいないかと思いますが、ファンドの勧誘には騙されないでくださいね。
金融庁のHP見ても、注意促しています。やはり騙される人が多いんでしょうね。

金融庁のHPにファンドについて書いてるので、ファンドに勧誘されている人は見てみてください。

http://www.fsa.go.jp/ordinary/fund/index.html

特に、このページに書かれているところで、見ないといけないのは、

『広告の規制(金商法第37条)

金融商品取引業者である旨及び登録番号などを表示。
利益の見込みについて、著しく事実に相違する表示や、著しく人を誤認させるような表示の禁止。
リスク情報は最も大きな文字・数字と著しく異ならない大きさで表示。 』


まずは、登録されているか!!これ一番大事です。まあ、登録してあるからといって信用できるというわけではないですが、所在がはっきりするだけまだマシというだけです。
儲けることだけしか書いてないところは、違反なので、必ず、リスクが書いてあるか確認しましょう。


昨日、フジテレビで、『ついていったらこうなった』見た人なら、わかると思いますが、詐欺は結構巧妙です。ですが、冷静に考えれば、怪しいところだらけなんですよね。


以前から言っているように、有名ブロガー=FXで儲かっているという構図では決してありません。

アフィリや商材、セミナーなどのために、有名になろうという人がいます。
だって、FXで稼いでいるならば、商材出さないし、FX商材の宣伝しないで!!ってことです。


みなさんも、気をつけましょう。
ブログ、サボりすぎた (A;´・ω・)フキフキ
2週間くらいサボっちゃいました ゴメンナサイ…。人(-v-、*)

ユーロドルやっと、上に行きました。ってか何週間前に上にいくって言ってたんだ~って・・・・・
レンジ相場がホント続いてたので、高値で売り、安値で買いを繰り返してた人は、相当儲けれたでしょうね。僕はチキンすぎて・・・・・(泣)

ユーロドルの日足のチャネルをまたまた変更しました。日足でみる短期的なチャネルはこんな感じかな??と。

13 ユーロドル日足

もし、このチャネルが意識されているとすれば、調整が入るかな??とか思ったりしてます。
過去のチャートを見ても、直近の高値付近は意識されてるっぽいポイントなので、買い手の手仕舞が入ってもおかしくはないかも???

ただ、ドル売りが進んでいるので、上に抜けてくる可能性もありなのですがね。
ただ、突っ込み買いはしたくないなと。下がったところで買いを入れたいなと思ったりしてます。

次に1時間足です。

13 ユーロドル1時間

短期的には、1.455付近にサポートとトレンドラインがあるので、反応するかも??とは思ってますが、1.45付近まで落ちてくるのでは??と思ったりしてます。

ドル円は、下降チャネルのダブルアップ地点で跳ね返ってるので、ここから戻ってくる可能性ありかと思ってます。まあ、上がったとしても、91円70銭近辺でしょうか??ここら辺は売り場になるかも??
その上は、92円30銭近辺かな??ここら辺も売り場になるかと思います。

13 ドル円1時間

まあ、こんな感じで今引いてます。

ブログサボっている間に、ちょこっと手法というかトレード方法を考えてたので、次回??以降に書こうと思ってます。まあ、あまり期待しないでください。

投資は自己責任です。掲載しているトレードルールで損害が出ても責任は持てません
気付くのがおそかった・・・・
昨日の深夜、寝る前に、上げる可能性あると思って、指値入れようか迷ったんですが、寝ている間って対処しようがないしな~と思ったのが、失敗・・・・

1.429付近で買い指値いれておけばよかったと、朝起きたら後悔・・・・

ただ、これでいよいよ上にブレイクかな??とか思ったりもしてます。

今日気付いたラインをアップします。

8-28 ユーロ1時間

8月17日付近から作用していると思えるポイントが多いところをライン引いてみました。

チャネル上限で支えられ、上げるとすれば、8月21日みたいに上昇してくれるんじゃないかな??とか思ったりもしてます。

8月17日~8月19日のときと、今回は似たようなチャートの形になっているので・・・・
ってかなって欲しい( ̄人 ̄)お願い!

日足でみてみると、週末書いた、ダブルボトムのネックラインに注目してます。

8-28 ユーロ日足


今週はこのネックラインを何度もチャレンジしたが、抜けきれず(日足終値で)、水曜日に押しを作りました。右底とネックラインにフィボを当てた、ほぼ38.2%押し地点で下げ止まり。
あと、以前から引いていた、チャネル下限で下げとまりで、昨日上げて、終値で抜けてきてます。

今日の安値も、ほぼ、このネックライン(1.432付近)で反転しているということで、1.45付近まで上げてくる可能性あるんじゃないかな??とか思ったりしてます。

この1.45を算出したのは、同幅上昇するならばという条件です。

まず、ダブルボトムの右底とネックラインの幅、約300pipsほどです。
自分で計算してみてくださいね。

で、今回押された底が、1.42付近なので、同幅上昇するとすれば、1.45という計算が出てくると思います。フィボナッチの161.8%もそこに存在するので、ここは意識される地点かと思われます。

まあ、これ僕の願望が入っているので、あ~こういう分析の仕方もあるんだ~程度に思ってください。

同幅上昇、同幅下落っていたるところで頻繁に出たりするので、ご自分でいろいろ過去チャートで研究してみてください。

投資は自己責任です。掲載しているトレードルールで損害が出ても責任は持てません。
またまた
ブログサボり気味になってきた・・・・ってか週一くらいでいいかな~とか思ったりしてます(笑)

まあ、気力あるときは更新したいなとは思っているのですがね(;^_^A アセアセ・・

ユーロドルは、先週前半は下げましたね。
僕が言っていたサポート割ったから、あれ??下げ強いのかな??と思いきや、日足終値で守ってからは戻しましたね。

週足をみると、下ひげ陽線の強気ではありますが、上ひげもあるので・・・・
8-23 ユーロドル週

かなり微妙な位置で終値迎えてます・・・それは日足をみるとよくわかると思います。

下の画像は日足です

8-23 ユーロドル日

6月2日の高値、8月13日の上げ止まり地点で、終値迎えてます。

ただ、8月入ってからのチャートの形状を見ると、ダブルボトムに見えます。
特に、右底は左底を割ったにも関わらずに、上昇しているので、やはり上げの力のほうが強いのかな??と見ています。

短期的に1時間をみてみると、

8-23 ユーロドル時間

今回はかなりごちゃごちゃしている画像になってますが、今僕が書きこんでいるラインなどです。

週末の動きで、気になるのは、アメリカ指標によって急激なドル買いが起こったことなのですが、
8月7日にも、指標によってドル買いがあったと思います。

この時とはちょっと違うというのに気付いた人いるかと思います。

というのは、8月7日のユーロドルのチャートは下落方向に動いていました。で、指標で一旦上げましたが、下げました。 要は指標前のチャートの方向に向かっていったわけです。

ですが、週末はユーロドルは上昇してました。でそこでアメリカ指標でまたも、上げたあと、下落しましたが、下落が続かずに、結構戻ってきました。

短期的に1.426付近にサポートができていると思ったので、ここまで下げるかも??と思ったんですが、1時間足でみると長い下ひげ日本付けているので、1.268付近では、売り手の損切りが待っているような感じに思えたりします。

明日窓開けどっちいくかわからないですが、1.426~1.428付近まで下げるようなことがあれば、買い場かな??とか思ったりしますが、どうなんでしょうかね。チャートの形状だけをみれば、ダブルトップと見えることもできますので・・・・

ドル円はこんな感じにライン引いてます。

8-23 ドル円1時

上の画像にはフィボナッチあててないですが、金曜日の上昇の38.2%戻しで一旦下げ止まって。、少し上昇して終値迎えてます。
日足をみると、長い下ひげ陽線で、反転の兆しありか??とは思ったりもしますが・・・・

もし、金曜日の指標が明日も続くようであれば、この38.2%で支えられて、抜けてくるか???だと思いますがどうなるでしょうかね。


投資は自己責任です。掲載しているトレードルールで損害が出ても責任は持てません。
終値をみてみると
週足の終値をみてみると、サポートとレジストに挟まれた、ちょうど中央付近で終わってます。

8-15 ユーロドル週

週足でみてみると、ダブルボトムのネックラインを突破してからは、ネックラインで支えられている状態です。

ここで支えられている間はまだ、上昇だと思ってます。
ただ、ここを下に抜けると、1.38付近まで落ちる可能性もありかな??とか思ってます。

次に日足です。

8-15 ユーロドル日足

これをみたらわかるように、レジストとサポートのほぼ半分くらいの地点で終わってます。

チャートの形をみると、6月下旬から7月中旬にかけてと同じようなチャートになるのでは??
とか思ったりもしてます。

というのは、6月下旬にネックラインを抜けたが、下落し、下げ止まり、ネックラインまで上げて上げどまって下げてます。

今回も、レジストを抜けた後、下落し、下げ止まり、レジストまで上げて上げどまって下げてます。

歴史を繰り返すとすれば、来週半ばにあげてくるかも??とか??
まあ、下落する可能性もあるので、上げとばかり思うのは危険です。

ドル円に関しては、一応、94円50銭近辺のサポートは守られているのかな??とは思いますが、

8-15 ドル円1時間

上の画像の下降チャネルの中で推移する間は下落方向かと思ってます。


投資は自己責任です。掲載しているトレードルールで損害が出ても責任は持てません。
NY時間に
動くのかな???

週末といえども、結構節目付近なので、ここら辺で様子見している人が多数を占めるならば、今日は動かないかもと思って、今日はほとんどトレードしてません。

一応、1時間足で引いている、横軸とチャネルの画像載せます。
参考程度に見てください。

まずは、ユーロドルです。

8-14 ユーロドル1時間

次にドル円です。

8-14 ドル円1時間

ドル円は、やはり長期トレンドライン接触??により下げに転じた可能性も??などと思ってます。

ユーロは上げだとは思ってますが、もう一度、日足で載せていた上昇ライン(上の画像でいうと一番したの茶色の右上に伸びる斜め線です)に接触するのでは??と思ったりもしてます。


投資は自己責任です。掲載しているトレードルールで損害が出ても責任は持てません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。