スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MT4での時間足の作り方
秘密コメントで、10分足ってどうやって表示しているんですかと問い合わせあったので、再度アップします。 過去(2007年11月22日)に書いたのをそのままコピペしてここにアップしますね。

MT5はインジケータ使わずにいろんな時間足を作れるみたいです。
MT5はもうすぐ公開されるらしいですが、いつ頃なんでしょうね。

とちょっと余談入りましたが、本題です。

以下は過去の記事をそのままコピペしてます

 ↓↓↓↓

『それでは、今日発見した、10分足チャートの出し方です。

では、まず、使うインディケーターですが、『Period_Converter_Opt.mq4』です。

使い方ですが、ポン円10分足の作成で今回は書きます。
他通貨で他の時間足を作る時もやり方は一緒です。

では、まず、ファイル → 新規チャート → GBPJPYを出して下さい。
そして、M1(1分足)を表示してください。

次に、『Period_Converter_Opt.mq4』をチャートにドロップもしくはクリックを押して下さい。
次の画面が出るはずです。

10分チャートー1


全般の『Allow DLL imports』にチェック入れてください。

次に、パラメーター入力をクリックし、『PeriodMultiplier』の数字を10にして下さい。
この10という数字が10分足を表します。
(もし、3時間足を作る場合は、1Hのチャートを出し、『Period_Converter_Opt.mq4』を同じように作業し、この数字を3にすれば、3時間足が作れます)

10分チャート-2


では、入力完了したら、OKを押して、このチャートはそのまま残してください。
消してしまうと、10分足動きませんので。

では、次に、ファイル → オフラインチャートを押してください。
そうすれば、次の画面が出てくるはずです。

10分チャート-3


GBPJPYM10(ポン円10分足)があると思いますので、クリックしてください。
そうれば、10分足チャートが表示できます。

くれぐれも、先ほどのポン円1分足は消さないで下さい。
10分足にプライスが反映されないので。

では、また10分足でのパラメーターなどはまた次の記事に書こうかと思ってます。
ただ使えるかどうかはご自身で判断してくださいね。

これを使っていろんな時間足で試してみるのも楽しいかもしれませんよ!!
20分足とかもつくれますからね(笑)』

↑↑↑↑

ここまでです。

インジケータについては、Period_Converter_Opt.mq4 で検索かければ、だれかファイル配布していると思います。

トップにも書きましたが、Yahooブリーフケースが有料化されたので、現在ファイル置き場はありませんので。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。