FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと頑張って日記更新 (汗) (;゚∇゚)_
ちょっと頑張って日記更新 (汗) (;゚∇゚)_

昨日のポン円相場は非常にわかりやす相場だったのにそんなに取れなかった(´・ω・`)ショボーン

『FX Masters Method 』のコミュで、自分自身で戦略を書いた通りに相場が動いたのに、チキンハートすぎて・・・・
精神力なさすぎ・・・

リアルで100pipsほど、利益でたからデモに切り替えて、エントリーポイントきたので入れたらそれが爆益・・・・
まあ、今の自分の力はそんなものだと。

リアルだと利益出てたらその利益を守りにいってしまうんですよね。これを直さないと。

で、今週の相場は振り返ると非常に簡単な相場でした。
こういった相場だったらトータル勝てるんですよね。

で、なぜ簡単な相場だったというと、月曜日に載せた画像みてもらったらわかると思います。

月曜日窓明け上昇で始まりましが、長期下降チャンネル上限で上げ止まり。

で結局、画像の緑色のラインと紫色のチャンネル下限の間を行ったり来たりに戻りました。
緑色のライン付近まで上げたら売り、利益が出たら(下限付近まできたら)利益確定。
また緑色のライン付近まで上げたら売り。これを繰り返せば余裕で勝ててます。

まあ、僕は結構ピンポイントに売り指値いれすぎて、ヒットしないことが・・・・・

で、昨日(金曜日)の相場も二つの戦略が簡単に立てれました。

一つは今週ずっと続いていた緑色のラインで頭抑えられて下落。
もうひとつはこのラインを上に抜けて、激上げ。その場合、チャンネル上限まで行く可能性大とコミュで書いていたのにもかかわらず・・・・

コミュにその時載せた画像が次の画像です。

9-12 ポンド円1時間足ー1

上に抜けた場合、ここに存在する中期下降トレンドラインがまったくなかったことと、週末要因もあって、ここにはまったく抵抗するところがないと読みました。

横のライン(高値など)はまったく無視状態です(笑) 週末ではなかったらたぶん見ているでしょうが。

もうひとつコミュに載せた画像です。

僕は5分足使ってます。商材の推奨足ではないです。
僕自身5分足のほうがあってるので、こちらを使ってます。

9-12 ポン円5分足-4

デモで爆益につながったのは、『一旦下げ止まっている』と囲んだ地点での買いです・・・・

いや~ホント明確なポイント見てたのにリアルでやれてないのは・・・・
詳しいトレード戦略はコミュで発言しているので、ここでは内緒です(笑)

で、今、現在僕が実践しているのは、『FX Masters Method 』をもっと簡素化??というか、内容が難解すぎるので、もっとシンプルに考えた方法でやってます。

今の僕では総合的に判断するとエントリーに迷いが生じて成果が出なくなってました。
この商材は結構、簡単に見えて、内容はかなり難解です。

今のスタイルにしてから僕自身はエントリーに迷いなくなりストレスなくトレードできてます。
『副鼻腔炎』が邪魔して集中力は相変わらずあまりないのですが・・・

使うものはみんなが知っているものですが、これを総合的に判断してトレード出来る人は少ないと思います。特にテクニカルばかりに目を向けて、H”氏が言っている言葉の意味を理解しない人は特に。

この商材を買って使い方迷ってる方は、コミュ参加してくださいね。(SNS申請は末っ子長男さんにお願いします)
まあ、発言してくれる人が少ないのですが・・・・

で、前にも書いたかな??
この商材買っても、勝てるようになる人と負ける人は必ずでてきます。
裁量取引なのでみんなが同じような売買は不可能です。

で、この商材はすっごく練習が必要です。最初は調子良くできても、だんだん迷いが生じるようになることがあります。

なので、安易に買わないほうがいいです。

なので、まずは相互リンクさせてもらっている『FXなんでもかんでも・・・All you need is TREND!(仮題)』ではすごくためになる内容が豊富なので読みまくってみては???
記事だけでなく、コメントされている方の見解なども非常に勉強になりますよ。

僕にとっては、『FX Masters Method 』がバイブルになりましたが、システムマンさんは『高勝率本』がバイブルになったそうです。
書籍でもかなり内容濃いものが存在します。FX商材のほうが優れているということではないですからね。

あと、以前書いたかな??? 巷で話題になってきたら終焉が近いことを。
案の定、原油は激下げですね。なぜ巷で話題になったら終焉が近くなるかというのは、ブログまわりしまくったらわかるかな???と思います。
まあ、僕はFX専門ですが、商品でも為替でも一緒で、話題になればなるほど逆に動く可能性大です。可能性大というだけで、すべてが逆に動くわけではないです。

で、来週からの戦略はすごく迷ってます。長期下降チャンネル上限を突き破って終わってるんですよね・・・・月曜の窓あけからの流れをみて戦略考えねば・・・・

今週みたいにわかりやすい相場の時にとっておかないといけないなと反省。


余談ですが、PS3でFIFA09のデモをやったのですが、『すげ~』と感動しました(笑)
FIFA08でもかなりすごいと思ってましたが、FIFA09の人間の動きやボールの軌道など
かなりリアルになってます。
スペースに走りこんでくれたり、オフサイドトラップの時はDFが手を上げアピールしたり、股抜きされたりと、もう上げたらきりがないほどに。
サッカー好きにとってはFIFA09はお勧めですね。
発売したら僕は必ず買います(笑)


投資は自己責任です。掲載しているトレードルールで損害が出ても責任は持てません。

応援よろしく!!クリックよろしく  ヨロシク<(_ _*)X(*_ _)>ヨロシク

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へにほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へにほんブログ村 為替ブログへ
スポンサーサイト
コメント
こんばんは!
トレード疲れだか仕事疲れ(多分両方)だか分かりませんが今日は惰眠を貪っていました;;

読み応えのある記事おつかれさまです!

金曜日深夜は、おそらくダウの値動きに追随した動きだと思っています。
つまりもしダウが下げたら・・・と考えることもあります。
ですから時々、FX独自のテクニカルが通用しないような場合もあると感じているのですが。。。
しかし大きな目で見ると、やはりそれぞれの通貨ペアのトレンドは独自のものがあるということも感じているところです。
だからダウを参考にしつつそれぞれの戦略を立てることができればいいのですが。。。
最近はダウチャートにトレンドラインを引いて分析しようかなとも思っていますよ。。。

私の場合は、比較的短期ですので、経済指標発表、ダウの独自の動きについてはけっこう苦労しているので米国時間はいまだに苦手です;;
一番分かりやすいのは、日本時間午後2時から3時以降でしょうか?
欧州勢の派手な演出もありますけど意外とついて行きやすいです。
ただ常時監視できる時間帯ではありませんけどね。

5分足の上昇トレンドラインは気づきませんでしたね。
ただ、このチャートでは、いつものことになりますけど本当に綺麗なヘッド&ショルダーズが出ていますね。
ここは迷わずショートしましたよ^^
かなりしつこいようですが、ヘッド&ショルダーズほど認識しやすく、そして利益に結びつくパターンはない・・・なんて感じています!

今週は分かりやすかったですか?
確かにギャップ空けの後は私も分かりやすかったですね。
ただ金曜日は、ながらトレードをしたせいか唯一苦戦しました。
最後の最後は、先ほど書いたダウの急騰、ドル円の急騰にポン円も追随したのでそれに上手く乗ることができました^^

先日私がリンクしたメルマガですけど、今日配信されたのを読むと、私がブログでアップしたユーロドル月足をトップに掲載していました。
この方の結論しては、トレンドラインは皆が意識するから機能するといったことでした。
この月足のピンポイントぶりを見るとそれ以外はなかなか考えられませんね!

ただし私の場合は、もっちさんとも議論したことがありますけど、「皆が意識するから機能するんだ」ということ以上を感じています。

私の場合は、サザのディールブックも使いますが、それこそ1分足だろうが、3分足、あるいは2時間足・・・つまり全ての足でトレンドライン、チャートパターンというものは普遍的に機能するんですよ。
まさか世界中の大多数が3分足を監視しているわけでもないですけどね。

ただし、バックテストを取ったわけでもありませんが、日足、週足、月足の精度、そしてこれがブレイクした時の勢いはすごいですね。
このへんは皆が意識しているからということが確実に言えます。
まあ、あまりこのへんのことをあーだこーだと言っても仕方ないですけどね。
感覚では、もっちさんが使用している5分足も意識されているように感じます。(もちろん5分足と言えども大きな時間軸のトレンドラインを引けますが)、それと1時間足、4時間足で観測できるトレンドラインでしょうか?

来週も素直な?相場になって欲しいですね!
2008/09/14(Sun) 19:51 | URL | システムマン | 【編集
システムマンさんへ
休息は必要ですからね。
トレードは精神力使いますし。僕も結構寝てましたよ(笑)

『金曜日深夜は、おそらくダウの値動きに追随した動きだと思っています』というのは、僕はまったく無視です(笑)
僕は目の前にある、通貨のみでチャート分析してます。というのは、よく、原油が高騰したからとか下落したからとか、ダウがとか言ってるが、それが全部あてはまるかというとそうではないと。
あと、ドル円とユーロドルとかの相関についても、まったく別物と僕は捉えてます。

というのは、ドル円が上がれば、ユーロドルは必ず下がるのかというとそうではないですからね。
まず、全てのチャートが同じようなラインやチャートの形をしていないから。
ドル円とユーロドルのチャートが正確に逆さになっていたら使えるかもですが。

チャート分析するときは、その通貨でみなが意識するポイントはどこか??を常に監視してます。
ドル円が吹き上げたからクロス円もあがるといったことがないことは、最近の相場をみたら確実にわかることですからね。

今週は月曜から火曜日の流れで、だいたい戦略はたてれたんではないかと。

記事にも書きましたが、画像の中期下降トレンドで頭を抑えられる状況。
これは先週も同じ状況だったんです。
なので、今週の安全策は中期下降トレンド接触付近での売り、ブレイクしたら損切り&買い。
ただ、これだけです。難しく考えないことだと思います。

で、なぜ僕が『皆が意識するから機能するか』というのは、チャートを作っているのは人間だからです。機械が勝手に作ってるわけではないですからね。

『先日私がリンクしたメルマガですけど、今日配信されたのを読むと、私がブログでアップしたユーロドル月足をトップに掲載していました。
この方の結論しては、トレンドラインは皆が意識するから機能するといったことでした。
この月足のピンポイントぶりを見るとそれ以外はなかなか考えられませんね!』というのは、まさにそのとおりだと僕も思ってます。

『共に学び共に考えるなんでもブログ』の小龍さんのチャーティストの考え方は非常に為になりますよ。是非是非読んでみてください。
その考え方でチャートと向き合えば、ダウがとか原油がとか指標だとかというのはあまり意味をなさないと思えてきますよ。
金曜の上げもチャートを素直にみればわかります。

で、ラインをどの時間足でというは、全くこれも関係ないですね。どの時間足でも機能します。
ただ、細かい点を見ている人が多いかどうかかなと。
やはり短い足だと神経使いすぎますからね。
1時間足や4時間足でのラインが綺麗にきまれば、皆が意識しやすいので機能しやすいかと。

要は、なぜ上昇するかというのは、買いのほうが優先だから、ではなぜ買うと決めるのでしょうか??
その明確なポイントがわかれば、皆が追随して買いますよね。その明確なポイントというのがわかりやすいトレンドラインかと。FXはトレンドが持続されやすいというのは皆が知ってることですし。
だからそのポイントになると一斉に買われるから吹き上げる。
下降するのはなぜというのも同じような理由です。

売りよりも買いが強くなる=大多数の人が買う、もしくは売りを持っていた人が買い戻す、から上昇するです。
負ける人というのは、こういった戦略をたててないかと。。

一応僕は明日からの相場を一応戦略たてているのですが、はっきりいって今週は難しいかと。
今週の相場の形によって、来週以降が楽になると思ってます。
というのは、ポン円は長期下降チャンネルをブレイクして終わっちゃいました。
で中期トレンドラインをどこに引くかが迷うところなんです。ポンドドルもそうです。
ポン円は、また昨年の250円からの下降トレンドラインへ向けて上昇するのかというのがポイントかなと。こういうブレイクされたあとはわかりずらくなるかなと。
なので、先週もっと取っておくべきだったと後悔中・・・
なので今週は一応買い戦略を立てつつ売りも考えてというあまり無理をせず、中期トレンドラインがはっきりしたら攻めていこうかなと。

ドル円はまだ下降チャンネルの中に収まってるので、ドル円おのほうがわかりやすかったら戻り売りで攻めようと思ってます。
ユードドルもちょっとまだ下降チャンネルにいるのでこれを抜けない限りちょっと戻り売りが強いかな??と思ったりしてます。
2008/09/14(Sun) 21:59 | URL | もっち | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。