FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライン分析
ドル円は、やはり戻り売りが良さそうかな??

金曜日は結局直近安値で反発しました。

7-12 ドル円1時間足

2番底での突っ込み売りは危険ですので、覚えておいたほうがいいです。

というのは、ほとんどの場合、前回跳ね返った場面というのは、利食いされやすいので反発しちゃいます。
そのチャートの形状が多いことから、ダブルボトム、ダブルトップといったような形になるんだと思います。一番頻度の高いチャートの形状なので、2番天井や2番底は要注意です。

で、上の画像のラインが本当に反応しているかどうかわかりませんが、左から二番目の茶色の下降ラインであげとまってます。

もうひとつ右の茶色ライン、もしくは、93円50銭近辺まで一旦上がってくる可能性はありかも???

明日の窓開けから、左から2番目の下降ラインに反応して下げてくるならば、92円80銭近辺を抜けてくる可能性もありかな???

ユーロドルは、1.388付近で反発してますがどうなんでしょうかね。

7-12 ユーロドル1時間足

こちらは、下降チャネルと上昇チャネルを引いてみました。

まず、木曜日の上げ止まりは、茶色チャネルと同幅ライン(ピンク線)で上げ止まり、急激に下げました。
で、下げ止まりラインは1.388付近。
これは何度も反発している地点です。 なので、売り手はこのラインで手仕舞しているんだと思います。

で、とりあえず、上昇チャネルを引くとしたら、こうなるかな??っていうのを引いてみました。

現在、1.395付近にレジストがあるのかな??この地点は上げ止まったり、下げ止まったり過去してるので、意識されやすいんだろうと。

上昇するとしたら、下降ピンクラインをブレイク、上昇チャネルで支えられて上昇したら、それについていこうかと思ってます。

下降は、下降ピンクラインで反発、上昇チャネルを割ったら、それについていこうかな??と現段階では思ってます。


投資は自己責任です。掲載しているトレードルールで損害が出ても責任は持てません
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。