スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた日記サボってしまった ( ̄へ ̄|||)
日記楽しみにしてくれている人すいません。  ごめんなさいm(;。_。)m
約1カ月も放置してました・・・・日数みて、約1カ月も書いてなかったんだ!!と思ってしまった。

FXは一応淡々とやってます。まだまだ試行錯誤&度胸のなさ(チキンハート)で、悔しい思いを・・・

以前と同じように、チャネルと、レジスト、サポート、チャートの形状を中心に見てやっているのですが、
エントリーのタイミングは結構悪かったりしたので、ちょっといろいろ試したりしてます。

というのは、流れを読んでいるのに、押しや戻しによって、ストップにやられるってことが結構ありまして、エントリーポイントが悪ければ、ストップを広げないといけなくなるんですよね。

で、今、考えてやっているエントリーポイント、エグジットポイントなどは、もっと検証して、みなさんの参考になるかな??っていうレベルに達したらまた書こうと思ってます。

で、最近は、FXのブログ自体見てなかったのですが、秘密コメントで、朗報を頂きまいた♪

僕がかなり参考になっていたRさんのブログが復活したとのこと♪
ポンド円の解説が中心??なのですが、他の通貨でも通用するお話を書かれてます。

特に、チャーティスト目指している人は参考にされては??
Rさんのブログのアドレスは載せませんので、すみませんが、ご自分で探してください。



あと、ブログ周りしてて、知ったのですが、MJが行政処分の勧告を受けたみたいですね。
システムダウンによる、損失があったみたいです。

一部を少しだけ抜粋 『平成19年4月から同20年11月までの間に、外国為替証拠金取引に係るシステムにおいて、少なくとも74件のシステム障害を発生させており、これらのシステム障害では、顧客の取引に損失を与えたものも多数含まれている』 

とのこと・・・詳しくは、証券取引等監視委員会 http://www.fsa.go.jp/sesc/index.htm に書いてあるので、見てみてください。

ということは、システムダウンが頻繁に起こるFX会社において、そのシステムダウンによって起こった損失は取り戻せるかもしれません。

もし、ご自分のFX会社で、システムダウンが多くて、それによる損失が出た場合は、金融庁や証券取引等監視委員会に相談するべきだと思います。
ってか、システムダウンが頻繁におこるFX会社なら取引辞めているとは思いますがね(笑)


あと、もう騙される人はいないかと思いますが、ファンドの勧誘には騙されないでくださいね。
金融庁のHP見ても、注意促しています。やはり騙される人が多いんでしょうね。

金融庁のHPにファンドについて書いてるので、ファンドに勧誘されている人は見てみてください。

http://www.fsa.go.jp/ordinary/fund/index.html

特に、このページに書かれているところで、見ないといけないのは、

『広告の規制(金商法第37条)

金融商品取引業者である旨及び登録番号などを表示。
利益の見込みについて、著しく事実に相違する表示や、著しく人を誤認させるような表示の禁止。
リスク情報は最も大きな文字・数字と著しく異ならない大きさで表示。 』


まずは、登録されているか!!これ一番大事です。まあ、登録してあるからといって信用できるというわけではないですが、所在がはっきりするだけまだマシというだけです。
儲けることだけしか書いてないところは、違反なので、必ず、リスクが書いてあるか確認しましょう。


昨日、フジテレビで、『ついていったらこうなった』見た人なら、わかると思いますが、詐欺は結構巧妙です。ですが、冷静に考えれば、怪しいところだらけなんですよね。


以前から言っているように、有名ブロガー=FXで儲かっているという構図では決してありません。

アフィリや商材、セミナーなどのために、有名になろうという人がいます。
だって、FXで稼いでいるならば、商材出さないし、FX商材の宣伝しないで!!ってことです。


みなさんも、気をつけましょう。
スポンサーサイト
コメント
こんにちは。
MJさんはスプレッドも狭くて口座開設のリストにあげていたので行政処分にはびっくりしました。
これを機に立て直してくれるといいですが・・・。
業者選びは大事ですね。
またお邪魔します。
2009/11/06(Fri) 09:51 | URL | ゆうすけ@スプレッド0銭 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。