スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある程度・・・・
ある程度、今のトレードのルールというか、構想はできているんですが、チキンすぎて実践がうまいこといってないです (汗)

まあ、ありきたりな手法、トレードルールなのですが、短期的に、超逆張りになるので、ビビってしまうんですよね・・・・・

簡単に言うと、チャネル下限で買い、チャネル上限で売り。特に、明確なサポート、レジストと重なるところで!!です。

明確なサポート、レジストと僕が判断しているのは、ローソク足のひげです。

最近では、ブレイク狙いは一切してないです。
みなさんも経験あると思いますが、ちょっとブレイクしても、すぐ戻されることって多いと思います。

で、後から気付くのは、あ、ダブルトップ、ダブルボトムやん!!って。

こっちのほうが、成功する確率って結構あるんですよね。

なぜ、ダブルトップや、ダブルボトムになるかは、以前書いたので、省略しますが、人間の心理はホントに面白いほど、チャートに表れてます。

チャネルはホントひいていると面白いですよ。
時間が流れるにつて、チャネルを引きなおさないといけなくなりますが、チャネルみつけると、トレードしやすくなると思います。

参考までに、今僕が引いているチャート画像載せます。

ドル円1時間足

10-26 ドル円1時間

ドル円10分足

10-26 ドル円10分

ユーロドル1時間足

10-26 ユーロドル1時間

ユーロドル10分足

10-26 ユーロドル10分

反応してるところを引いてみました。ホント参考程度に、

ドル円は、反発して、今エクステンション中かな?? チャネル上限に当たっているので、91円80銭近辺まで下がってくる可能性あり??かな。

日足をみると、92円60銭近辺(9月21日の高値)までは上がりそうですが。

ユーロドルは、一旦1.494付近(10月22日の安値)まで下げるかも??チャネル下限に反応しているのならば、再度1.505を狙ってくるかな??抜けるには、一旦下げないと抜けないかな??とイメージしてるんですがね。

まあ、参考までに。

あと、チャネルの引き方なんですが、一つの例として、簡単な図書いてみまいた。

ライン引き その1

基本、上昇ラインは、安値同士を結ぶというのがありますが、どこが次の安値かわからず引きにくい場合は、高値同士を結んでみてください。

図の赤丸同士を結んで、その平行線を、安値にあててみます。
そうすると、結構そのライン付近で反発することあります。

下降ラインの場合は、その逆で安値同士を結んでみてください。

これは、反発するかも??ということと、リミットの設定にもなります。

例えば、ドル円日足をみると、下げ止まったラインは、安値同士を結んだところです。
10-26 ドル円日足

少しはみ出てますが、ほぼ、ラインにあたって、跳ね返ってます。
なので、売りポジを持っている人は、このラインで決算した可能性があるかと思います。

一応チャネル上限も引いてますが、こっちはあまり自身ないので、当てにしないでください。

こういったラインができるのは、人の心理によってできるのものなの、その心理に自分も乗ったらいいだけだと思います。と偉そうにいってますが、全然できてませんがね(汗)

それでは、(^-^)/~ マタネッ

投資は自己責任です。掲載しているトレードルールで損害が出ても責任は持てません。
スポンサーサイト
コメント
デマークとかいう人が相場の75%はレンジだと言ってたと思いますので考え方は正しいと思います。あと酒田五法じゃないですけどチャートのかたちの意味を考えるのもいいかもw 頑張ってください。
2009/10/28(Wed) 15:45 | URL | とおりすがり | 【編集
こんばんは。
カウンター売買でストップが遠いとスキャルで入るのが怖くなるのは当然じゃないでしょうか。
私はスキャルの場合はプライスチャネルストップの5分足転換確定でカットします。売買チャートは2分足で、そこにすべて表示しています。
トレンドフォロー系インジをストップラインにしてしまっても、もともと勝率が高いカウンター売買には損少ルールを用いた方が生き残る確率は高いし心理的なストレスも少ないと思います。
西田文郎さんやセドナメソッドに関する著書などはトレーディングにも多いに役立つと感じます。
カウンター売買はトレンドフォローよりエッジを高めることが容易ですが、利を伸ばす条件がない限り損失はできるだけ限定すべきだと感じます。個々の売買などどーでもいいほどチャンスは多いですからね。適当に売買してもストップさえ浅ければ長期的には勝ち残れるほど正解のない世界だと感じるこの頃です。
失礼しました。
2009/11/16(Mon) 03:57 | URL | ポカリ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。